You are here: Home > >

生命保険の賢い利用法

生命保険よりも自分で投資の運用したほうが、資金の活用という点から考えれば有利です。

前提として、ある程度の期間、生きていることが必要になってくるので、自分はあと何年は絶対に死なないという人は投資だけのほうがいいでしょう。

絶対ということはないので、生命保険の利用も考えないといけなくなります。

生命保険は自分が早く死ぬということにに賭けるギャンブルと言う側面があります。

生命保険で得を使用と考える人は少ないでしょうが、早く死ぬと得をするのが生命保険です。

生命保険に限らず、保険はあくまでも保険で、それ自体で得をすることを目的としたものではありません。

自分に必要な生命保険の形をよく見極めて利用しないと、徒に高額の保険を掛けても仕方がありません。

家族の方に残すお金は、保険と投資のバランスを良く考えて、投資の額がある程度確保されるのなら、生命保険は必要ではなくなってくるでしょう。

生命保険をかける際は、必要最小限の保険を計算して、賢く生命保険を利用したいところです。

一時金が出るタイプの生命保険があります。

投資信託などでも人気の一時金、一時金で妻と旅行に行きました的なコマーシャルを見かけることもありますが、投資の効率だけで考えるなら、この一時金はあまり得をしません。

運用のための資金を減らすことになるので、投資効率が悪くなってしまいます。

このことは、生命保険などの一時金も同じで、目的があくまでも自分が死んでしまった時の備えであるのなら、最大限死後にもらえる額を大きくなるように、保険は設定したいところです。

目的を限定して利用するのが保険の賢い利用法です。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans